綺麗に保つなら

新築のキッチン

日本では伝統的な畳の次にメジャーなフローリングとよばれる木の床は、 その質感と輝きから支持されていますが、 実は劣化をし、傷つきやすく、また表面が剥がれることもあります。 そんなときのために、フローリングをワックスでコーティングし直す ことが必要で、お部屋をきれいにリフォームするということです。 まずはフローリングをお掃除してからきれいにし、 パテや粘土を用いてフローリングの傷などの補修をします。 そしてフローリングをワックスがけをしますが、 このときにワックスは全体的に薄くのばすように均等に塗り、 フローリング全体にムラがないようにします。 そして換気をよくして完全に乾いてから二度塗りをすると 効果的にきれいな床にすることができます。

お部屋の床をきれいに演出するのはワックスですが、 フローリングのコーティングに使われるワックスは バリエーション豊かですが、フロアコーティングなどの 最先端の技術を使った上質なワックスもあります。 フロアコーティングとは、文字通りコーティング用のワックスで フローリングを今の状態よりも輝いて見せ、さらには 傷や衝撃、熱での劣化に強い耐久性のある床にします。 このフロアコーティングは中にガラス成分が入っており、 そのため硬質で、艶のある表面を作ることができるのです。 ルームクリーニングなどのリフォーム業者が もっとも使っているワックスはこのフロアコーティングである場合が多く、 一般のものよりも優れていることから、選ばれているというのです。